医師のカウンセリングを受ける女性

セロクエルとは

たくさんのお薬他依存症になりづらくなっている!

セロクエル等の抗精神病剤と創薬の歴史

抗精神病剤は、世界的に有名な製薬会社がたくさん創っています。グラクソスミスクラインやアステラス製薬、MSD、日本ならば吉富薬品などがありますね。

ところでこうした製薬会社は、抗精神病薬による依存症についてどのように考えているのでしょうか。

依存症になりがちだった昔のお薬

少し前まで使われていた、抗精神病剤というのは依存症になりがちでした。まだまだあのころは新しい成分を開発するにもお金がなかったり、技術がなかったりした頃でしたので開発が遅れていたのです。

睡眠薬で自殺というショッキングなニュースを耳にしたことがある方もいらっしゃるかも知れません。

依存症の患者さんを減らすために安全で使いやすい薬に変化

依存症を起こすような薬、自殺に使われるような薬をほいほいと発売していては世の中の人が不幸になってしまいます。そこで製薬会社も、依存症になりにくい薬、たくさん飲んだとしても死なない薬を創るようになったのです。

現在発売されているお薬の多くが、依存症になりづらいとされており昔に比べて安心して飲めるようになりました。

昔のイメージを持ったままならばぬぐっておこう

また昔の睡眠薬自殺は、今ではもはや不可能です。あまりにも睡眠薬による自殺が流行したため、製薬会社も死なないような新しい成分を開発しました。

現在流通している睡眠薬を大量に服薬したとしても、たっぷりと長い時間眠るだけでしょう。

様々な進化を遂げている今のお薬は信頼における

現在使われているお薬は、過去の失敗も踏まえながら様々な進化を遂げています。より治りやすい薬、より使いやすいお薬が今後も売られていくことでしょう。

現在のお薬は信頼におけると言うことがおわかりいただけるのではないでしょうか。

関連記事

  1. 透けて見える人の脳

    セロクエルとは

    お薬を長く飲み続けるのは危険?

    適切にセロクエルなどの抗精神病剤を使おう抗精神病剤の中には、依…

  2. 『MENTAL HEALTH』

    セロクエルとは

    セロクエルのような抗精神病剤をやめることは難しいのか?

    依存症でもないのにどうしてそう言われるの心の病を治す方法はいく…

  3. 赤い容器から薬がこぼれている

    セロクエルとは

    セロクエルなどの抗精神病薬を正しく使わないと病気など治るはずもないから頭の中に入れておこう

    時々テレビで、青少年の非行が報道されることがあります。「彼ら彼女らも、…

カテゴリー

最近の記事

  1. 医師のカウンセリングを受ける女性
  2. 透けて見える人の脳
  3. 赤い容器から薬がこぼれている
  1. 医師のカウンセリングを受ける女性

    セロクエルとは

    たくさんのお薬他依存症になりづらくなっている!
  2. 赤い容器から薬がこぼれている

    セロクエルとは

    セロクエルなどの抗精神病薬を正しく使わないと病気など治るはずもないから頭の中に入…
  3. 『MENTAL HEALTH』

    セロクエルとは

    セロクエルのような抗精神病剤をやめることは難しいのか?
  4. 透けて見える人の脳

    セロクエルとは

    お薬を長く飲み続けるのは危険?
PAGE TOP