恐ろしい実態をご紹介したい!セロクエルなどの抗精神病剤に依存してしまう人たち

人間の欲望はどこまでも深いと言われています。あれがほしいと言い出したら、自分の手に入れるまでの間ずっとそれにとらわれます。そして手に入れた後も、ほかによりよいものがないだろうかと探し続けた結果どんどん深みにはまるのです。

■欲望とのつきあい方を忘れてしまった人
深みにはまってしまう人は、欲望とのつきあい方を忘れてしまった人といえるでしょう。私たち人間は一定の欲望を持っていないと生きていくことができません。たとえばおなかがすいたらご飯を食べたいと思いますし、眠いと思ったら眠ろうと考えますね。

これらはわかりやすい欲望であり、なかったとしたら死んでしまうことでしょう。ところが欲望は際限なく生まれてきますので、その点とのつきあい方を学ぶことが私たちには求められるのです。

■どこまでも深い欲望を求めてしまうからこそ
欲望とのつきあい方を忘れてしまうと、どこまでも深い欲望を求めてしまいます。いつまでもいつまでも、自分のほしいものを考えてみたり自分がこうでありたいという理想像をおい続けるのです。少なくとも健康的な状態とはいえませんし、私たち人間にできることには限りがあります。

恐ろしい実態をご紹介したい!セロクエルなどの抗精神病剤に依存してしまう人たち

それを超えた欲望を望もうとすれば、それは人間そのものを否定し「破壊」への道へひた走るといえるでしょう。

サイテーション★セロクエル(抗精神病薬)の個人輸入なら任せて安心TOP http://www.ntp-k.org/medicine/mental/seroquel.html

■欲望から逃れられなくなってしまうと
欲望から逃れられなくなってしまった人はたいてい「依存症」にはいってしまいます。依存症はある特定のものや状況などに依存してしまうことを指しますが、欲望から逃れらなくなった姿といえるでしょう。自分が追い求めているものがなくなってしまうと、禁断症状を現しながらのたうち回る。

そんなイメージを皆さんも持っているかと思います。依存症になってしまえば治療が大変ですし、なにより本人が一番苦しむことになるでしょう。

■抗精神病剤にはどのような危険性があるのだろうか
実は抗精神病剤にも、こうした依存性があると言われています。最初の頃は心の病を適切に治すために、適切な量を用いていたにもかかわらず「この薬を使えば気持ちよくなることができる」とばかりにたくさん使ってしまうのです。また本来ならば、薬だけではなく日々の生活習慣の改善が必要な人でも「薬で治すことができるから」と薬に依存しながら自己の生活を変えないというケースもあります。

こうした依存性が抗精神病剤にはあるのです。

■法律で制限がかけられているお薬
それゆえ抗精神病剤などは、法律によって違法薬物と同様の扱いを受けているお薬があります。たとえば「リタリン」というお薬は、今ではすっかり処方が難しくなったのですが、少し前までは簡単に処方されていました。このお薬を使うとあの恐ろしい「覚醒剤」と同じような気分を味わえると、一定の人たちの間では有名だったのです。

闇世界で有名と言うだけならばまだしも、リタリンをどんどん処方してしまう悪質な病院があったせいで一気にリタリン中毒者が増えた時代がありました。意味もなく使うことは危険ですし、依存性が高いことも有名でしたから法律などで処方を厳しくしたのです。

■あなたの体を守り健康な心を取り戻すために
リタリンに限らず様々な抗精神病剤が発売されている今。はたして抗精神病剤には依存性があるのでしょうか。また私たちは依存症にならないために、いったいどのようなことを心がけていけばよいのでしょうか。お薬を使うときに気になる依存性についてお話ししていきたいと思います。

抗精神病薬の副作用の症状はどのようなものがありますか?抗精神病薬の副作用のリスクと、病気と向き合うための治療の進め方

抗精神病薬とは、様々な精神障害のための精神科の薬です。主に、統合失調症や躁状態の治療に使われます。病気の症状としては、誰も見てはいないが誰かに見られていると思ってしまう妄想や、実際には見えないものがみえる幻覚や、実際には聞こえないものが聴こえる幻聴が挙げられます。

その他、激しい興奮状態に陥る、現実と妄想の境界線が不明になるなどの症状をもつ患者さんにも、正常な生活が出来るように抗精神病薬が処方されます。日常の生活において、私たちは見る、食べるなど様々な行動を取りますが、この時、ドーパミンと呼ばれる脳内神経伝達物質が脳内に分泌されます。

抗精神病薬の副作用の症状はどのようなものがありますか?抗精神病薬の副作用のリスクと、病気と向き合うための治療の進め方

しかし、その分泌がうまく行われないと、幻覚や幻聴が起こる、現実がどれか認識できないなど、急性期の統合失調症の症状が現れます。抗精神病薬は、ドーパミンの分泌を抑える作用があり、投薬することにより、精神状態を改善に導くことができます。

効果強い薬ですが、それと引き換えに副作用のリスクも高まります。現在は、副作用のリスクを抑えるため、新しい新規抗精神病薬の開発が進んでおり、従来の抗精神病薬より副作用の改善が期待出来ます。しかし強い薬なのでどのような副作用のリスクがあるか処方する事になれば知っておくことが必要です。

主な副作用としては、錐体外路症状と呼ばれる無意識に身体が動いてしまうこと、口が渇く、便秘などです。またまれに高プロラクチン血栓と呼ばれる母乳が出るといった症状や、代謝の異常により肥満になるといった症状も報告されています。また、常用していた抗精神病薬の服薬を急に中断した場合において離脱症状の可能性も否めません。

このような副作用が出た場合には、直ちに主治医に相談して、服薬の中止や、服薬する量を調整して、副作用を抑える薬を処方してもらうことが大切です。抗精神病薬の服薬を急に中断する事は、副作用において1番リスクの高い事なので、必ず医師との相談の元、治療に専念する事が不可欠です。

カテゴリー

最近の記事

  1. セロクエルとは

    たくさんのお薬他依存症になりづらくなっている!セロクエル等の抗精神病剤と創薬の歴…
  2. セロクエルとは

    セロクエルなどの抗精神病薬を正しく使わないと病気など治るはずもないから頭の中に入…
  3. セロクエルとは

    セロクエルのような抗精神病剤をやめることは難しいのか?依存症でもないのにどうして…
  4. セロクエルとは

    お薬を長く飲み続けるのは危険?適切にセロクエルなどの抗精神病剤を使おう
PAGE TOP